あなたの性病を今すぐ治療!そして予防にも役立つクラビットの情報サイトです!

男性の医師

薬を併用すると良い場合と悪い場合

性病の治療には、抗生物質が使われます。
淋病にはペニシリンを、クラミジアにはマクロライドかニューキノロンにて治療が行われます。
そもそもこの抗生物質は、どの様なものなのでしょう。
抗生物質は自然界に生息する微生物が、自分の縄張りを守り繁殖して行く為に、他のバクテリアを攻撃する手段として作られたものなのです。
この抗生物質は病気の治療に最適ですが、実は病原菌だけでは無く、人間の細胞にも攻撃をしてくる事が有るのです。
この様な作用の事を私たちは副作用と読んでいます。
一般的に多い症状は、胃もたれ、むかつき、吐き気、消化不良などです。
いわゆる胃腸障害の状態です。
薬が合わない場合は使用を中止し、医師に相談するのが賢明です。
ですが最終的に病気に打ち勝つには、ご自分の身体の抵抗力の力なのです。
緊急時に助けられる事は沢山あると思いますが、薬に頼りきって依存するのは、良い考えとは言えません。
この様に抗生物質の使用は、良い場合と悪い場合が有る事を知っておく必要が有るのです。
更に知っておきたいのが、薬を併用する事の怖さです。
無駄に抗生物質を併用すれば、耐性菌を増やす事になり兼ねません。
耐性菌が増えれば、どうなってしまうのでしょう。
抗生物質の効き目を、得られなくなってしまう事も有るのです。
薬は必ずしも完璧では無いのです。
その事を忘れずに使用しましょう。