あなたの性病を今すぐ治療!そして予防にも役立つクラビットの情報サイトです!

男性の医師

細菌の遺伝情報複製とは

細菌の遺伝情報複製とは、細菌でも動物細胞でも、遺伝情報は、DNAにあり、RNAに転写されます。
さらに蛋白に翻訳されて、その発現に至ります。
ウイルスは宿主のこの遺伝情報の流れに乗り、または完全に乗っ取って、その遺伝情報を増幅します。
その子孫ウイルス粒子を作ります。
RNAとDNAはお互いに対応する塩基配列を持ちます。
遺伝情報はDNAであってもRNAであっても良いです。
1本鎖でも2本鎖でも情報は変わりません。
DNA複製は、細胞分裂における核分裂の前に、DNAが複製されてその数が2倍となる過程のことをいいます。
生物学ではしばしば複製と略されます。
セントラルドグマの一員とされます。
複製される一本鎖DNAを親鎖、DNA複製により新しく合成された一本鎖DNAを娘鎖といいます。
DNA複製により生じた染色体の個々を姉妹染色分体といいます。
複製開始、伸長、終結の三段階により進みます。
二重らせんをとる二本鎖DNAをdsDNA,そうでない一本鎖DNAをssDNAと表記します。
複製は、DNA上の特別な塩基配列である複製起点から開始されます。
複数起点周辺で部分的に二重らせんが解れ、親鎖の途中に2本のssDNAが現れます。