あなたの性病を今すぐ治療!そして予防にも役立つクラビットの情報サイトです!

男性の医師

抗菌薬や抗真菌薬の副作用

抗菌薬や抗真菌薬とは、菌類の生育を阻害する働きのある医薬品です。
菌類を原因とする感染症の治療等に用いられます。

この医薬品には様々な種類があります。
代表的な種類としてはポリエン系や、フロロピリミジン系等が挙げらます。
ポリエン系とは、菌類の細胞膜に穴を空けて破壊するという仕組みで、感染症の治療を行ないます。
ファンギゾンや、アムビゾーム等の商品名で販売がされています。

フロロピリミジン系とは、菌類の核酸合成を阻害する事によって、感染症の治療に効果を発揮します。
アンコチル等の商品名で販売されています。

他にも、菌類の細胞膜の合成を阻害するイミダゾール系や、イミダゾール系と似たような働きをするトリコナゾール系等の種類があります。

このような抗菌薬や抗真菌薬は感染症への効果は期待出来ますが、その反面で副作用が起きる可能性もあります。
抗菌薬や抗真菌薬の副作用は、それぞれの種類によって症状が異なります。

例えば、ポリエン系は副作用が強い事で知られています。
具体的には、発熱や悪寒、腎障害や低カリウム血症等があります。
また、フロロピリミジン系はポリエン系よりは副作用は弱く、胃腸障害等の副作用が起きる場合があります。