あなたの性病を今すぐ治療!そして予防にも役立つクラビットの情報サイトです!

男性の医師

性病は完治したと思っても油断禁物

性病は、性行為などに感染する病気の一つです。
あまり自覚症状のないものもありますが、そのままの状態にしておくとさらなる性行為によって拡大感染していく恐れがあります。
また、自分自身の生殖機能を落とすことにも繋がりますし、男性であれば女性側の生殖器官に対しても悪影響を及ぼす可能デイがあるので、感染したことが判明した時点できちんと治療することが大切になります。

治療方法としては、最も多いのが投薬による治療です。
薬を服用することによって体内や生殖器官に付いている感染源となるものを駆除することができるので、その後は問題なく日常生活を送ることもできますし、性行為も可能になります。

ただし、気をつけておきたいのが薬を服用してすぐに効果が出るものではないということです。
そのため、性病は完治したと思っても油断禁物で、また生殖器官や体内に残っている可能性がある期間は性行為などをするべきではないということです。
この期間に性行為をしてしまうと、自分自身は投薬によって治療することができたとしても、性行為をした相手の方に感染させることになります。
そのため、薬を服用してから数日間、医師の指示がある期間までは性行為をしない方がよいです。