あなたの性病を今すぐ治療!そして予防にも役立つクラビットの情報サイトです!

男性の医師

出血などの副作用や複合感染と泌尿器感染にはクラビット

どんな医薬品にも副作用はつきものですが、よく使用されてきた経歴がある医薬品ほど多くの副作用が判明しています。頻度の低い副作用が発見されるためにはそれだけ多くの患者が使用していなければ判断が難しいからです。クラビットは抗生物質として汎用性が高いことから気道感染症、皮膚感染症、泌尿器感染症などの幅広い感染症の治療に用いられてきています。その影響を受けて、当初医薬品として登場したときに比べても添付文書に記載されている副作用情報が多くなってきています。ショック、けいれん、不整脈、皮下出血、出血傾向、横紋筋愉快小、アキレス腱炎など、様々な物が知られるようになりました。こういった重い副作用はめったに見られることはないものの、医者としてはこういった副作用の初期症状に敏感になっている必要があります。クラビットは泌尿器感染症においてはクラミジア感染に対して有効なことがよく着目されます。性行為感染症として知られる性器クラミジアの治療に用いることができる治療薬の一つであり、男性の尿路感染症に対して有効であることから泌尿器科では必ず名前が上がるようになっているといっても過言ではありません。クラビットの副作用として極めて稀なことが知られている出血傾向や皮下出血はこういった患者で見られる場合もあります。そういった際にはクラビットの副作用であるという視点以外にも、別の性行為感染症を疑う必要もあるということに留意が必要です。出血傾向は血小板減少によって引き起こされることが多く、HIV感染があった場合にはその症状として出ている可能性も否定できません。複合感染を起こしやすいの性行為感染症であることから、薬の副作用と同時に複合感染の疑いも持つことが重要なのです。