あなたの性病を今すぐ治療!そして予防にも役立つクラビットの情報サイトです!

男性の医師

健康診断で子宮頸がん発見、子宮摘出でクラビット内服

健康診断表

会社の健康診断、また会社には属していないけれど、市民検診などを定期的に行っているという人は少なくないでしょう。そして健康診断の項目は、身長体重から、血圧値、血液検査、レントゲンなどが一般的であり、その他のオプションで胃透視や胃カメラ、大腸カメラなどがあります。また女性の場合は婦人科の健診で子宮がん検診がありますね。女性の場合には、HPVといい、子宮頸がんの原因となるウィルスに感染した既往があれば、それだけ癌のリスクが高まります。現在はHPVの予防接種も少しずつ始まっていますが、現在の30代の女性の若いことにはその予防接種はありませんでした。そのため性行為で感染をしていると、癌を発症するリスクが高くなるのです。この癌を発症した場合、ステージが早いうちならば、一部摘出で手術を終えることができるかもしれません。しかし、ステージが進んでいる場合には、子宮摘出などの可能性もあります。女性としては妊娠可能な年代であれば、癌があってもできるだけ子宮摘出をせずに残したいと考える人は少なくありません。まだ出産などを希望する女性もいるからです。しかしこれは癌の進行状況によって決めなくてはいけません。そのためには定期的な健康診断を受け、子宮摘出などをしなくても済むような段階で発見することが大切なのです。そして不運に子宮摘出をすることになったら、今度は術後にもさまざま困難が待ち構えます。手術後に抗がん剤治療をする場合には、体の感染力も落ち、別の感染症になる可能性もあります。多くの病院でクラビットなどの抗菌薬を使用して病気を治療しますが、自分での予防も大切です。また子宮摘出後は膀胱にトラブルを抱えることが多く、膀胱炎もよくみられる症状です。クラビットは膀胱炎によく効く薬です。また再発を繰り返す人は早めにクラビットを飲んで対処することが大切ですね。