クラビットによる殺菌効果

クラビットとは、レボフロキサンシンを主成分とする薬です。
クラビット 効能は、様々な感染症を治療するというものです。
クラビットが対応出来る感染症は多岐に渡ります。
クラビットによる殺菌効果が期待出来る代表的な感染症としては、皮膚感染症や呼吸器感染症、泌尿器感染症や眼科感染症等が挙げられます。

また、クラビットにはゾビラックスというジェネリック医薬品も存在します。

クラビットの具体的な服用方法について説明します。
基本的には大人であれば1日1錠を服用します。
これを14日間続けて行ないます。
ただし、感染症の種類や症状等によって、用量等は変わってくる場合があります。
そのため、服用の際には医師の指示に従って正しい用法や用量を守る事が大切です。

また、服用を忘れた場合には、気付いた段階で服用するようにします。
しかし、通常の服用時間が近くに迫ってきている場合には、服用を控えて1回分を飛ばすようにします。
間違っても2回分を合わせて1回で服用する事はしないようにします。

薬の保管に関しては、乳幼児や小児の手が届かない場所で、高温や光、高湿な場所を避けて保管する事が大切です。
万が一、薬が残った時には保管はせずに廃棄するようにします。

クラビットは感染症の治療に対する効果が期待出来ますが、その反面でいくつかの副作用が起きる場合があります。
代表的な副作用としては、頭痛や眩暈、下痢や腹痛等があります。
これらの症状が出た場合には、医師に相談するのが賢明です。

他にも重い副作用としては、呼吸困難や顔面蒼白、発熱や動悸等があります。
これらの症状は、ショック症状や急性腎不全等の初期症状である可能性があります。
よって、これらの症状が出たら早急に病院で診察を受けるようにする事が大切です。

バルトレックスの効果

クラミジアはジスロマックでこっそり治そう!